弓は、楽器と演奏者とのコラボレーションからお選び頂くのが大切です。杉藤は、そのために多種多様な弓をご用意しており、試奏もできます

杉藤は創業以来100年もの間、五代にわたり楽弓製作ひとすじにうち込んでまいりました。
楽器の繊細な音色を十分に引き出せる「楽弓」を丹精込めて製作しています。
お子様用をはじめ、ビギナーからプロ演奏家用の最高級品まで豊富な種類を仕上げました。
選りすぐられた材料で私たち職人が磨き上げた一品を、どうぞ試奏の上、お選び下さい。

代表取締役社長 五代目 杉藤慎子

Standard series

弓を一本変えるだけで

あなたの音色が変わります。

「弓の善し悪しは棹材(さおざい)で決まります」といっても過言ではありません。
木取りの段階で弓として機能を持たないものは製造過程に持ち込みません。全材料の三分の一まで厳選した材料を更にランクわけして弓が作られます。良い演奏をするためには道具選びが大切です。初心者から、上級者に至るまで、奏法の難しさをクリアできる弓を豊富に揃えてラインナップしています。
あなたの成長とともに、弓のランクをお選び下さい。

● Neo Brazil 棹の弓

各種類の一番低価格の弓は、フェルナンブコに次ぐ弓材のブラジルウッドの中で厳選した材を使用しています。「NEO」は、「初めての」とか「再開する」という意味があります。初心者の方や、もう一度挑戦しようとお考えの方々で、試しに使ってみようとされる方には最適です。フロッグは、最上級と同じ黒檀棹を使用し、棹の強度も充分な使い心地です。慣れたころにはフェルナンブコ材にバージョンアップを。

● フェルナンブコ(Phernambuco)材の弓

NEOブラジル材以外は、最上級弓材であるフェルナンブコ材を全て使用しています。弓材としてはこの上ない材料で、音色・使い心地や機能においても格別に良い弓です。早い時期に、この本格的な弓を手にされて練習なさる事をお薦めします。

● 人気ナンバーについて一言アドバイス

相対的に皆さんが満足いくスタンダードシリーズ内の人気ナンバーをお知らせします。
ヴァイオリン:断然、 No.500。この価格帯で選んだら断然格上の音が出せます。
ヴィオラ:No.370 。初めからフェルナンブコ棹を選ぶ方が多い。この価格でもヴィオラ特有の深みのある音色が出せます。
チェロ:No.450。お子様の中では、このナンバー。早めに上達されているお子様や大人の方は、No.800。チェロを鳴らすには、棹材の上等なものを選ぶのが上達の決め手。
コントラバス: 学校普及品。吹奏楽にも使われる No.400。学校備品で物足りない方は必ず No.600で自己持ち。
音大進学をみすえる方は、M (マイスター)・S (センシティブ)クラスへ。

Meister series

マイスター弓は現代の製作法において

主流と言われる製法で作っています。

現代の弓製作者は、この製法で製作しており、ホールやスタジオ録音などに耐えうるはっきりとした発音でうたえる弓を目指して製作しています。ランクごとの棹材の選別が確実に出来ている事で、永年皆様のご信頼を頂いている弓の最高峰のシリーズです。
弓の強さを求め、その材のパワーで弾きこなされる方に向いています。 マイスターシリーズの強くしっかりとした発音・存在感のある音を望まれる方は、弾き応えのある仕上がりがとても好まれています。これほど栄えある音色でしっかり弾ける弓は、プロとして演奏回数を重ねる演奏者みなさまにも愛されています。

● M I

棹材の強さがとのMクラスからは一段と選別が厳しくなり、はっきりとした音色と艶やかな音色が特徴です 。仕様としてはここからシルバー金具となり見た目にもプロ仕様です。

● M II

コンチェルトなどでソ口を弾くようになった場合など、個人の音がはっきりと浮かび上がり、存在感のある音が出ます 。

● MⅢ · MⅣ

ご自分の演奏が確立してきた上で、楽弓に音色(ねいろ) に対する 欲求とか技術に負けない強さをお求めの方。最高ランクのフェルナンブコを使用している為、どのような楽器でも、どのような力強い奏法にも対応できます 。あなたの楽器が一 段上質な音色で響くようになります。

● M X

多くのプ口演奏家に使用いただいているクラス。 杉藤の最上級弓。材は最高級フェルナンブコ。 頻度の多く弾かれる方にとってこの棹材のしなやかさと強い弾力性と機能としてのバランス等が大変気に入られています。音色の美しさと発音の良さは抜群です。

● M X art

杉藤の最上級弓。材は最高級フェルナンブコ。 演奏者の技術にしっかりと応え、演奏家の個性ある音楽を音として実現させる事が出来ます 。仕様も、ゴールド金具で、材に見合った高級感。

Sensitive series

センシティブは、

はじめから製法が違います。

ヨーロッパ留学にて弓の製作を学び、歴代の誰よりも多くの弓を手がけた杉藤浩司が研究し続けたオールハンドメイド弓です。センシティブ弓は、杉藤が弓を長年作ってきたことにより保持している大量のフェルナンブコの中から、ここ一番の原木の板材を選び出し、その材の一番良い部分を贅沢に自由に切り出して一本の弓を仕上げます。
コンセプトは、「材の持っているそのままの素質を十分に活かして作る」ことです。センシティブという言葉は、「反応が良い」という意味を持っています。反応が良いというのは、弓を動かした瞬間に音が立ち上がることによって演奏者の思い通りの音楽が実現します。また、その操作性の良さと共に、その音色は響きが良く、遠音が効き、艶やかな音が出ます。
Sシリーズについて多くのプロの演奏者の方々は、他には存在しないこの製法の新しい弓を『魔法の杖』と称してくださいます。アマチュアのご高齢の方々にとっても大変弾きやすく、美しい音色だと好評です。

● S II

楽弓の製法が全く違うため、現代の製作法では考えられない感覚がします。音の立ち上がりが早く思いどおりに音が出せます。以前は、SⅣ以上のクラスでしか製作していませんでしたが、今回はS IIで新リリース。

● S Ⅲ •SⅣ

上級者の方にはこのクラス以上をお薦めいたします。 この弓の特徴がはっきりします。操作性として音が立ち上がるのが早いことは勿論、楽器の裏板を振るわせ表板から立ちのぼる響きの美しさと遠音が効くことです。

● S X / S X art

多くのプ口演奏家に使用いただいているクラス。 杉藤の最上級弓。材は最高級フェルナンブコ。 演奏家の方からは 、異次元の音色。魔法の弓という呼び方をされます。 重さ軽さにこだわることなく自然に忠実に製作することにより、この音色にたどり着きました。プ口といわず、弓の重さが辛く、力をいれなくては楽器が鳴らせないと思っておられるご高齢の方などにも、この弓だと演奏が出来ると大変喜ばれています。

*センシティ ブ弓の丸棹型も製作可能です。 ご相談下さい。

Super ☆ kids series

舞台上での演奏に使っていただき、

多くのコンクールでの

受賞の結果をいただいています。

センシティプシリーズでお子様専用の弓も製作しました。音色の美しさと響きがあり遠音が効きます。
操作性と発音が良いことで、細かなパッセージなども難なくこなせます。
お子様の特別な演奏には是非ご使用下さい。

Sugito EXart series

杉藤の最高級の弓

《完全予約制》

杉藤が保有している最高のフェルナンブコで、特別にすばらしい一本が製作できたときは、《Sugito EX art》として、MとSのシリーズの垣根を越えた最高の弓として発表します。また、仕様も、保有している象牙やべっ甲なども使用していくこともあります。オリジナル弓を希望の方は、お時間をかけて、ご相談しつつお気に入りの仕様で製作していきます。
御注文は杉藤までメールか、お電話でご連絡下さい。年間に何本製作が可能か分からない特別な弓ですので、御注文は完全予約制となります。

お問い合わせ
アクセスマップ
弦楽器の楽弓制作 杉藤楽弓社 所在地 : 愛知県名古屋市東区矢田4-28-5
© 2015 SUGITO BOW Co.,Ltd. All Rights Reserved.